内科(一般内科・生活習慣病)

糖尿病

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です

糖尿病

食べ物や飲み物は消化されると、身体を動かすエネルギーの源、ブドウ糖に変わります。血糖値とはこのブドウ糖が血液の中にどれぐらいあるかを示すものです。健康に生きていくためにはこのブドウ糖が無駄なく体の中で利用されることが大切なのですが、糖尿病になると、ブドウ糖がそれを必要とする細胞まで運ばれず血液中にあふれてしまい血糖値の高い状態が続きます。


自覚症状

多飲・多尿 全身倦怠感 異常な食欲 性欲減退・生理異常 視力障害 神経痛 感染症などいろいろです。

血糖値を下げるただひとつのホルモンは、インスリンです

インスリンは、ブドウ糖をコントロールしてくれるホルモンです。すい臓でつくられたインスリンが正常な場合、血糖値も正常な数字をキープします。さらに血液中のブドウ糖を細胞に送って活動エネルギーにしたり、余ったブドウ糖を脂肪やグリコーゲンに変えて貯蔵する働きもあります。糖尿病の方は、このインスリンが不足していたり、うまく作用しないため血糖値が高くなり、全身のエネルギーが足りなくなります。

遺伝+生活習慣=わが国の糖尿病の少なくとも95%はこれが原因です

糖尿病のタイプは4種類。日本人では少なくとも95%が「2型糖尿病」です。生まれつきインスリンが少なく糖尿病になりやすい人が過食や運動不足、肥満などの悪い生活習慣によって糖尿病になってしまうタイプです。糖尿病を防ぐにはまず、日頃の生活習慣の見直しが大切です。

2型糖尿病

糖尿病の種類

【1型糖尿病】
すい臓のβ細胞というインスリンをつくる細胞が破壊され、体のなかのインスリンの量が足りなくなって起こる。こどものうちから始まることが多く、以前は小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と呼ばれた。

【2型糖尿病】
生まれつきインスリンの量が少ないなどの遺伝要因に、食事の摂り過ぎや運動不足などの環境要因が加わり、インスリンの働きが悪くなり起こる。

【その他の特定の機序、疾患によるもの】
遺伝子異常や肝臓やすい臓の病気、感染症、免疫の異常など、他の病気が原因となって起こる。薬剤が原因の場合もある。

【妊娠糖尿病】
妊娠によって起こる。新生児に合併症が出ることもある。

気づきにくい病気である糖尿病は、予防できる病気でもあります

糖尿病の診断は「空腹時血糖値」「ブドウ糖負荷試験2時間値」「随時血糖値」の3つを観察します。日本糖尿病学会は、いずれかが決められた値以上の場合を「糖尿病型」としています。血糖値は、前日の食事や飲酒、ストレスなどの影響を受けるため、診断の結果が糖尿病型に該当してもすぐに糖尿病と診断されるわけではありません。症状のあるなしや再検査での結果で診断されます。

糖尿病の診断基準

コントロールの評価とその範囲(日本糖尿病学会編:糖尿病治療ガイド2014-2015より引用)

※HbA1c:過去1~2ヶ月の血糖値の平均を反映する指標です

※NGSP値:国際標準値


△ページトップに戻る